goodkagu’s diary

家具のあれこれ情報発信

大工道具館で、フィンランドの家具展。

f:id:goodkagu:20180312154335j:plain

木の香りや質感が好きで、家の中でもできるだけ天然木を使用した家具やインテリアを取り入れたいという人も多いのではないでしょうか。神戸にある「竹中大工道具館」ではただいま『木の国フィンランドの伝統と革新 工芸村フィスカルスとニカリの物語』展を開催中。フィンランドのフィスカルス村にあるニカリ社の家具が展示されています。館内に足を踏み入れた途端、木のいい匂いが迎えてくれました。
ヘルシンキの約100キロメートル西にあるフィスカルスは、渓流と谷が作り出す風景の中に歴史的建造物があり、フィンランドの手工芸品やアート作品が制作・展示されている村として有名です。そんな環境で、熟練した職人が作る家具には、伝統と革新が融合させるユニークな発想が生かされ、注目を集めています。

「木の良さを生かし、緻密な計算から導かれた線と面で構成された無駄のないフォルムに完成された機能美が備わる」のが北欧家具の特徴。今回展示されているのは、ニカリ社の創設者でありフィンランド現代木工の著名な作家カリ・ヴィルタネンの作品をはじめ、数人の作家のチェア、テーブル、ベンチスツール、ハンガーラック、キッチンウエアなど。珍しい木のハンドバッグもあります。鉋やドリル、ハンマーなど、カリ・ヴィルタネンの道具も展示されています。

『木の国フィンランドの伝統と革新』は2018年2月18日まで。
1月21日(1日2回) フィンランド伝統楽器カンテレ演奏会
1月19・20日 ワークショップ「子供用椅子をつくる(全2回)」(仮)
1月21日 カリ・ヴィルタネンによるセミナー「木とともに生きる-北欧の家具づくり」

 

竹中大工道具館